自宅で暮らすように生活|住宅と介護が分けられた住宅型老人ホーム

男女

限られた機能に特化

シニア男性

環境を準備してソフトをインストールする

介護事業をサポートするソフトウェアは複数存在します。その中でも特に有名だと言われているのが、国保中央会介護伝送ソフトです。国保中央会介護伝送ソフトが目指している事は請求業務の効率化です。請求業務とは保険金の支払いを決定する機関に、介護サービスを提供した事を伝える仕事です。介護サービスの受け手が支払う料金は、全体の1割であるため保険金を得なければ事業体の維持さえ難しいと言えます。国保中央会介護伝送ソフトに必要なものは、ソフトウェア本体とインターネット環境です。ソフトウェアについてはホームページの連絡先へ通知して入金するだけで入手できます。インターネット環境については回線業者に連絡すれば必要な事が判明します。

国保中央会介護伝送ソフトが人気である理由

国保中央会介護伝送ソフトは請求業務に特化しているシステムです。機能が単独であるにも関わらず高い人気を持つ理由は、利用料金の安さが大きな理由である事は間違いありません。近年になって複数の機能を兼ね備えたソフトウェアが激増しました。それらが便利であり介護事業の助けになる事は間違いありません。しかし同時に多大な投資が必要であるため、将来的に回収できるとは限らないのです。国保中央会介護伝送ソフトについては、年に1回のバージョンアップの際にお金を支払うだけで最新の状態に保てます。つまり限られた機能だけに特化しているため、必要以上の出費を求められないのです。費用面をクリアする事ができるソフトウェアは稀有と言えます。