自宅で暮らすように生活|住宅と介護が分けられた住宅型老人ホーム

男女

ソフトウェアの初期費用

お年寄りの女性と介護士

国保中央会介護伝送ソフトとは

正式名称国民健康保険中央会が一般に販売しているソフトが、介護伝送ソフトというものです。最近はそれを利用して介護保険などの費用を請求するのがトレンドとなっています。特にその国保中央会介護伝送ソフトを活用すれば、直接国保連に対してその費用を請求することが出来るだけでなく、ソフトを利用することで手続きを行うための書類の作成であったり、伝送が楽になるというメリットが魅力となっています。ソフトウェア自体は5万円前後の価格で、そのソフトウェア本体が入っているCDを手に入れる形ですが、そこに含まれている機能を考慮すれば利用する価値は大いにあります。現在では介護事業所向けと都道府県・市町村向けの2種類が用意されており、特に介護事業所向けのソフトウェアを使っている居宅介護支援事業は増えています。

利用については国保連への申請から

また、その国保中央会介護伝送ソフトは、その名の通り国保連が提供しているソフトであり、ソフトの購入も国保連に申し込みをします。申し込みについての詳しい要項は、その国保連が運営しているホームページに書かれていますが、手続きについては申込書をダウンロードして、その申込書で申請をするソフトを購入できるようになります。ちなみに、導入する場合には動作環境が一応ありますので、確実にソフトウェアが動く環境かどうかその動作環境を見てチェックすると良いです。特に古いOSだと動かない事もありますので、そこは注意になります。そして、国保中央会介護伝送ソフトをインストールする時には、CD-ROMドライブが必要になりますのでそれが使える事も大切です。申し込みをしてインストール用のCDでインストールすると、その国保中央会介護伝送ソフトが使えます。