自宅で暮らすように生活|住宅と介護が分けられた住宅型老人ホーム

婦人

広く活躍する介護ソフト

シニア女性と介護士

老人ホームでも使われている介護ソフト

IT分野の発展により、事務処理などの補助ソフトが多様化してきました。そしてそれは介護のお仕事の現場でも例外ではなく、介護事務方の人達は、福祉施設や介護施設への入居者の情報に応じた健康保険や年金情報の事務処理による行政への届出などをしていかなくてはなりません。そして、この国民健康保険などに関連した公益社団法人である国民健康保険中央会が運営するサイトにて「国保中央会介護伝送ソフト」という、介護事業所向けのソフトを配布しています。それを応用して介護事業所を運営する事務方や経営者の方々の補助的役割として国保中央会介護伝送ソフトは役立ち、健康保険に関連した入居者の経歴や情報に応じた調整が出来るようになっています。広島でも多くの介護施設で使われていて、住宅型有料老人ホームでも使用されています。住宅型有料老人ホームとは自宅で暮らすように生活し介護が必要になったら介護サービスを受けることが出来るためところです。このように広島は介護施設が多く存在しているため人気があります。

どういうソフトなのか

国保中央会介護伝送ソフトというのは、厳密にはこれ1つだけという訳ではなく、色々あるソフトの俗称的総称というのが正しいと言えます。そのため、公益社団法人国民健康保険中央会が運営するサイトでは、色々なシステムソフトを配布している訳です。これはレセプト電算処理システムから始まり、オンライン請求システムや特定献身等データ管理システムなどの医療関係でも使えるもの、介護分野では介護伝送ソフトなどのオーソドックスなものなど介護給付費単位数表標準マスタなどのソフトもあります。これ等の「国保中央会介護伝送ソフト」シリーズを応用する事で介護現場の事務などのお仕事の負担を減らす事ができ、尚且つ多大な事務処理を必要とする健康保険関連の事務処理の手間を無くすことが可能です。そのため、負担の大きい部分を事務職員側に緩和してクッションを1つ置く労働環境を構築するなどに役立つ形となる訳です。これが「国保中央会介護伝送ソフト」シリーズになります。

ソフトウェアの初期費用

お年寄りの女性と介護士

介護伝送ソフトの気になる費用ですがソフトが5万円前後です。ソフトウェアは介護事業者向けのものと管理する自治体が利用するものの2種類があります。機能がいいため導入する事業所も増えています。

Read More

限られた機能に特化

シニア男性

機能が単独な国保中央会介護伝送ソフトが人気の訳はその利用料の安さでしょう。初期費用も安く、また年に1度のバージョンアップにかかる費用を支払うだけなので、手軽に利用することができます。

Read More

効率的に作業する

食事

パソコンにインストールして使うソフトウェアは多くの機能を持っています。しかし多くの機能があるがゆえに利用する費用も高額になります。しかし必要な機能は最小限で安く利用できるソフトがあります。

Read More